出会い系サイトが面倒ならテレクラがオススメ!

テレクラは全ての人におすすめだということができますが、特におすすめなのは
出会い系サイトを使っても出会うことができなかった人です。

出会い系サイトなんて名前がついているものの、
全く出会うことができないサイトもありますよね。

優良サイトを見つけるだけでも一苦労です。
中には、男性は会員登録できるものの女性は登録できないような
出会い系サイトもあります。

当然ですが、そんなサイトではどんなに素敵なメールを送ったとしても
女性と出会うことなんてできません。

そういった悪質サイトを避けるためには女性として登録してみて
しっかり登録できることを確認したり、サクラに騙されないための
経験を身に付けなければなりません。

とても面倒だと感じませんか?

それに比べるとテレクラというのは初心者でも安心して
出会いを探すことができる方法だと言えるでしょう。

僕も以前は出会い系サイトを使っていたんですが、
テレクラを使い始めてから「こっちのほうが断然簡単だな」と
思うようになりました。

実際に使って比較した感想なので、今現在出会い系サイトを使っているものの
出会いを見つけることができていないという人は、テレクラを使ってみては
どうでしょうか。

テレクラが面倒ではない理由

出会いを探す際には、できるだけ楽しく探したいですよね。

それなのに、出会い系サイトを使った相手探しの方法では、あれこれ
考えなければならないことが多いんです。

例えば、お気に入りの女性を一人一人探していくという手間が発生します。
条件を入力して画像をチェックしてプロフィールをチェックして…

といった作業をすると、あっという間に時間が経過してしまいます。

テレクラであれば、コーナーを選択すればあとは自動で繋がるので、
相手探しの手間を省くことができます。
出会い系サイトが面倒ならテレクラがオススメ!

もちろん、顔を重視したいという場合は写メを送ってもらうなどの対応が可能です。

相手探しの時間を省くことができると、かなり出会い探しの時間を短縮することができるでしょう。

メールを打つ時間も、一通であればそれほど時間がかかりませんが、出会い系サイトではたくさんの人にアタックして返信をくれる人を探すのが基本です。

何通もメールを打つとなると、かなりの時間がかかってしまいます。

それから、メールラリーについて考える必要がありません。

思っていることを文章にして伝えるのはとても大変で面倒なことですよね。
出会い系サイトで相手を落とすためには、文章力が必要になります。

時にはこちらが意図していたのと違う形で相手に気持ちが伝わってしまった
こともありました。

良い意味で言ったことが悪い意味で受け取られてしまうこともあったんです。

それに、文章では「冗談」を言いにくいですよね。
声のトーンで冗談だと分かるようなことも、文章にすると冷たくなってしまう
こともあります。

出会い系サイトを使ったことがある人であれば、
「直接話せればもっとうまく伝えられるのにな~」と思うことがあるでしょう。

これは、女性と話をするのが苦手という人でも同じことが言えます。
会話が苦手だと、直接話をするよりもメールのほうが良い印象を
与えられると思ってしまうかもしれません。

ですが、テレクラには会話の上手な女性がたくさん集まっているので、
ちょっとした自己紹介さえできれば問題なく会話を楽しむことができるんです。

電話での会話のほうが話が盛り上がる!

出会い系サイトを使っていて特に感じたのは、メールを打つのは非常に
面倒だということです。

返信が来るのを待つ時間もついイライラしがちです。

出会い系サイトを使った出会い探しの方法は、テレクラを使った出会い探しに
比べて時間がかかってしまいます。

出会い系サイトでは、何度もメール交換を繰り返して仲良くなってからでなければ
会うことは難しいですよね。

ほんの数回しかメール交換をしていない状態で「会いたい」なんて言っても
「もう少し仲良くなってから…」と断られるのはお決まりのパターンです。

それが、テレクラであれば電話が繋がって数分話しただけで
相手から「今から会える?」と言われることも多いんです。

電話を使った会話は、メール交換に比べて盛り上がりやすいと感じます。

僕はそれほど会話が得意なわけではありませんが、それでも
つい時間を忘れて話し込んでしまうほど会話を楽しみながら
出会いを探すことができています。

テレクラでは、ちょっとしたきっかけから会話が広がりやすいです。

相手と仲良くなるためには、たくさん会話をすることが重要ですが、
テレクラを利用すると、メール交換では出なかったような軽い話題から
話が広がることもたくさんあります。

何よりテンポがいいというのは大きな魅力ですよね。
返信を待つ時間が必要なく、短時間で相手と仲良くなることができます。

できるだけ短時間で会える女性を探したいと思っているのであれば、
出会い系サイトよりテレクラを使いましょう。

うまくいけば今すぐ会える女性を
探すことも不可能ではありません。

出会い系サイトを使った方法では即会いできる相手を探すのが
とても難しいので、面倒なやりとりなしに会いたいと思っているのであれば、
テレクラのほうが断然おすすめです。

タグ


2013年7月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:テレクラの上手な使い方

ぜんぜんモテなかった僕がテレクラナンパを成功させた体験談

自分で言うのも悲しいのですが、僕はリアルの生活では全くモテないんです。

周りの友達がどんどん彼女を作っていく中、
彼女いない歴=年齢という状況が続いていました。

そんな時に、友達からおすすめされたのがテレクラです。

正直なところ、テレクラなんて自分の親父の世代などが
楽しんでいたサービスだと思っていました。

そもそも、テレクラなんてまだあったんだ…
程度の認識だったんですが、友達の話を聞くとかなりおいしい思いを
しているようだったので、実際に挑戦してみることに。

最初は、宣伝コードと呼ばれるものを使って無料で試すことができます。
僕が登録したサイトは30分の無料体験ができたんです。

すぐに素敵な女性と出会いたい!

と焦っていた僕は何も考えずにとりあえず登録を済ませて電話をかけました。

ところが…

何を話すか全く考えていなかったため、せっかく優しそうな女性と繋がったのに
ろくに中身がない会話をしてあっという間に30分が経過してしまいました。

話をするのが得意な人であれば、次から次へと会話の切り口が見つかるのかも
しれませんね。

でも僕の場合はどちらかというと、相手がネタを振ってくれるのを
待っているような状態になってしまったので、相手も楽しくなかったんだろうと
思います。

ちゃんと会話の中身を考えていたなら、
30分も時間があればいろいろな話ができたはずです。

なんてもったいないことをしてしまったんだろうと後悔していたのですが、
ここで諦めるわけにはいきません。

ポイントを購入することも考えましたが、とりあえず
もう一つのテレクラサイトに登録して、こちらでも無料ポイントを使って
遊んでみることにしたんです。

テレクラ再チャレンジ!

2つめのテレクラサイトでも無料ポイントが30分相当つくようでした。

前回の失敗を繰り返さないためにも、何を話すか考えてから挑みます。

最低限でも自己紹介と趣味、テレクラを利用している目的くらいは
考えておいてすらすら言えるようにしておいたほうがいいですね。

僕はあまり女性と話をした経験もなく、会話も得意なほうではありません。
そのため、先にしっかりメモを取っておくことにしました。

5分ほどの時間をかけて何を話すかメモしておき、
2回目のテレクラに再度チャレンジしてみました。

ちょっとした待ち時間のあとに繋がったのは、
声の印象からすると若いとは言えないようないイメージの女性。

年齢を確認すると38歳とのこと。
正直もっと上かな?と思っていたので安心しました。

前回の失敗を踏まえて、メモを参考にしながら
自己紹介などを済ませていきます。

前回のテレクラで繋がった女性はおとなしい話し方をしていたため、
自然と僕もおとなしい話し方になってしまったんですが、こちらの女性は
けっこう大きな声で笑いながら話す感じです。

つられて僕も大きな声で話すようになりましたが、
それだけでなんとなく会話が盛り上がっているような印象になるんです。

声のトーンなども大切だなぁと身を持って体感しました。

ちなみに、利用したのは待ち合わせコーナーです。

ほとんどのテレクラでは、目的に合わせてコーナーが選べるように
なっているんですが、コーナーに入室したら相手に軽く目的を
確認しておくことをおすすめします。

というのも、待ち合わせコーナーなのにただ電話で話せるだけの
相手を探している人もけっこういるからです。

それから、テレフォンセックスコーナーでも、開始までに時間がかかって
しまう人もいます。

選択しているコーナーが同じであれば、必ずしも相手も
同じ気持ちであるとは考えないほうがいいかもしれないですね…。

ビギナーズラック達成!

38歳女性とは特に同じ趣味があるわけではなかったんですが、
最近はまっているテレビドラマの話題で盛り上がることができました。

とりあえず無料体験ポイントで一人くらい会えないかな?と思っていたので、
話が盛り上がったタイミングで会いたいと伝えてみることに。

ただ「会いたい」と伝えるのは少しハードルが高いと感じたので、
「良かったらお昼でも食べながら話しませんか?」と伝えることにしました。

平日の午前中ということもあり、専業主婦である彼女はヒマをしていたようです。

話し始めてからまだ10~15分ほどの時間だったので、
ちょっと厳しいかなと思っていたんですが…

少し「う~ん」と考えていたものの、「お昼だけなら」ということで
OKをしてもらえたんです。

相手の住んでいる地域を確認し、事前に考えておいた待ち合わせポイントの中で
一番近いところを提案します。

これでOKがもらえたのでお互いの準備の時間などを考えて待ち合わせ時間を決め、
テレクラに電話をかけてから1時間半後には会うことができました。

ビギナーズラック達成!

実際に会った彼女は特に美人とも不細工とも言えない普通の女性。
ただ、30代前半にも見えるような方で、明るい方だったので会話を楽しみながら一緒にお昼を食べました。

電話番号を交換して何度か電話をしていたのですが、何度目かの電話をした際に、実は最初のデートの時にホテルOKの気分で会いに来てくれていたということを聞かされました。

その日はお昼だけ食べて別れたのですが、もったいないことを
したなぁと伝えると、「今から会う?」とありがたいお言葉が…。

僕が彼女に出会ってからもうかなりの月日が経っていますが、
今ではセフレ関係を楽しむことができています。

ただ会って食事をするだけの時もあるし、とても大切な友人でもあります。

テレクラってとても難しいものという印象がありましたが、
口下手な僕でもたくさんの出会いを成功させることができているので、
話が得意ではない人でもそれほど構える必要はありません。

日常での出会い探しを成功させることができない、モテなかった僕でも
テレクラであれば出会い探しに苦労していないので、
出会いを探している人は是非活用してみてはどうでしょうか?

タグ


2013年7月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:テレクラ体験談を書いていくカテゴリ

テレクラで人妻との出会いを実現するために気をつけたいこと【テレクラ攻略法】

テレクラには、人妻がたくさん集まっています。
しかし、人妻とうまく出会いを果たすことができず、困っているという人もいるでしょう。

そういった人のために、人妻と繋がった時にどういったアプローチをすれば
出会いに繋げることができるのかを紹介します。

人妻からのコールを受けたことがあるけれど、
実際に会うという会話にならなかったという人は参考にしてみてください。

まず、一番大切だと言えるのは、テレクラを利用する時間帯です。
人妻が多く集まる時間帯といえば、
平日の昼間の時間帯となります。

夫や仕事、子供が学校に行ってから利用する人が多いので、
平日の昼間を狙ってみましょう。

しかし、働いている男性の場合、どうしても平日の昼間にテレクラを使うことはできない
という人もいますよね。

その場合は、伝言ダイヤルを使うという方法があります。
伝言ダイヤルとは、メッセージの交換をするような機能のことです。

直接コールを受ける方法ではどうしてもその時間帯に利用している
人としか出会えませんが、伝言ダイヤルを活用することにより、
24時間いつでも女性にアプローチすることが可能となるのです。

では、どのようなメッセージを伝言ダイヤルに吹きこんでおけばいいのかというと、
どういった人と出会いたいのか?どういった目的なのか?
ということをはっきりさせておきましょう。

言葉を濁してしまったりすると、相手にうまく伝わらないことが多いです。
例えば、直接会える相手を探しているのに
「仲良くできる人を探しています」といっても伝わらないということです。

ただ、はっきりと「即ホテルOKな人」というように言ってしまうと
女性が警戒してしまう可能性もあるので、「すぐに会える人」というように
表現したほうがいいですね。

伝言ダイヤルを活用して人妻と出会う方法

伝言ダイヤルを使って人妻と出会う方法を実践する場合、
「人妻と出会いたい」というメッセージを吹き込んでいます。

特にこだわらないという場合は、「人妻の人とも会えれば嬉しい」といった形で
探してみるのもいいでしょう。

テレクラで人妻との出会いを果たすには?人妻の中には、テレクラを利用しているものの、それに罪悪感を感じている人もいます。

コールが繋がった男性の中にも、「人妻はちょっと…」と感じる人がいるのではないかと心配している人もいるわけです。

そういった人も意外に多いので、人妻歓迎ということを伝えることができれば、
伝言を返してもらえる可能性が高くなります。

伝言ダイヤルを使って人妻探しをする際には、必ず原稿を用意してから
録音をするのが基本です。

そうしないと、何を言っているのか自分でもわからなくなってしまったり、
言いたいことをうまく伝えられないこともあります。

原稿を用意したら、何度も練習をしてしっかり話せるようになってから
録音をしましょう。

伝言ダイヤルを利用する際には、相手の女性を想像してメッセージを
考えることが大切です。

あまりにも幅広く相手の希望を伝えてしまうと、聞いている側も、
自分がそれに該当しているかどうかが分かりません。

そのため、範囲を狭くして希望の女性について伝えるようにしたほうが
結果的に多くの人から反応を返してもらうことに繋がるのです。

相手に合わせることが大切

テレクラを通して人妻と知り合いになりたいと思っているのであれば、
「あなたにできるだけ合わせます」といったことを伝えるのが大切です。

人妻といえば当然旦那さんがいるわけなので、
一人暮らしをしている独身の女性とは違い、なかなかお互いのスケジュールが
合わないこともあるでしょう。

何がなんでもこちらの都合に合わせてほしいというスタイルだと、
どうしても失敗する可能性が高くなるので注意する必要があります。

人妻は、限られた時間の中で会える男性を探しているんです。

それを理解したうえでアプローチをしなければ、
人妻との出会いを果たすことはできません。

たまに、旦那が長期出張中、または単身赴任中などの理由で
いつでも会えるという人もいますが、基本的には平日の昼間になら時間が
作れると伝えられることが多いんです。

人妻を落としたいと思っているのであれば、
ちゃんと相手が人妻であることを理解していると伝えることが重要となります。

自分は日中は仕事だから夜しか会えない!
といったとしても、人妻に夜に出てきてもらうことなんて不可能だと
容易に想像がつきますよね。

相手にも会いたいという気持ちがあることを確認できたものの、
残念ながらスケジュールが合わないということもあります。

その場合は、自分は会うことに対して焦っていないということを
伝えるようにしましょう。

こちらの電話番号やメールアドレスを教え、相手の都合がいい時に
連絡をもらうようにするんです。

余裕がない雰囲気を出してしまうと、警戒されてしまうことも少なくありません。

テレクラでは、若々しくてはしゃいでいる男性よりも、
ある程度落ち着いていて余裕がある男性のほうが人妻からの人気が高いです。

これは、信頼性があるからだと言えるでしょう。

旦那にバレてしまっては困るわけなので、余裕があって落ち着いている
紳士的な男性が好まれるんです。

この点を理解し、テレクラで人妻をGETしていきましょう。

タグ


2013年7月11日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:テレクラの上手な使い方

このページの先頭へ

イメージ画像