今すぐ使えるテレクラマル秘テクを紹介!


こんにちは。まだまだ寒い日が続きますね。
今日はいい天気だって天気予報でいってたな!と思いながらカーテンをあけたら
軽く吹雪いてました…^^;

先日高校時代からの友人と合コンに行ったのですが、その時にテレクラに
活かせるテクニックをいくつか学んだので今回はそれを紹介します。

あなたのまわりにも、なぜか知らないけどアイツはモテるなぁってい人
いませんか?

僕の友達にも、なぜか知らないけど妙にモテるやつがいるんです。
まぁ顔はそれなりにカッコイイのですが、ジャニーズ系とかそこまで
かっこいいわけではありません。

クラスで3番目にかっこいいとかそのへんです。

そんな彼(以下友人A)も同じ合コンに参加していたのですが、一緒にいると
「なるほど」と思ってしまうようなモテポイントをいろいろ発見することができました。

その中で「これはテレクラに活かせそうなテクニックだな」と思ったものがいくつか
あったので、紹介しますね。

自分を良く見せる必要はない??


男ってどうしても自分のことをかっこよく見せたい生き物だと思うんです。
僕の場合身長は168センチちょっとなのですが、女の子に「身長何センチ?」
と聞かれると毎回「170」と答えてしまいます。

なぜなら女の子は男らしい、かっこいい人の方が好きだから!
だからこそかっこわるいことは隠したほうがいいし、そのほうがモテるはず!

…と思っていたんです。
ですが、先に紹介した友人Aは、合コンの席で高校時代のちょっと情けない話を
堂々としていたんです。

えっ それ言ったら株下がるじゃん

と思ってしまうようなことを笑いながら話していました。
忘れ物が多すぎて廊下に立たされたとか、遅刻が多くて校長室の前で
正座させられたとか。。
まぁ別に大した話じゃないんですが、カッコイイ話じゃないですよね。

それ言わないほうがいいんじゃないのかなぁと隣で聞いていた僕ですが、
欠点とか失敗談について話をすると、女の子からの印象が良くなったように
感じました。

笑い話なんかも含めると、すごい短時間でも仲良くなることができて、
自分の欠点について認めてそれを話に出すということもテクニックとして
使えそうだと思ったわけです。

共通点はとにかくアピールすべし


友人Aの会話の中で、これは大事なテクニックだなと思ったのが、
共通点をアピールするということです。

全く興味のわかないタイプじゃない女の子とは、いくら趣味がかぶっていたとしても
「オレも!」とは言っていませんでした。

逆に、好みのタイプの女の子が趣味だと言っていることは、例え自分にその趣味が
なかったとしても「オレも!」と話にのっていたんです。

友人Aはすごく寒がりで、スキーもスノボもやらないタイプでした。
寒い時にわざわざ雪山に行って楽しいの?みたいな…。

それが、合コンの席で一緒だったかわいい女の子が「毎年スキーに行ってる」と
話し出したところ、「オレも去年から始めたんだ!」とノリノリで返しました。

いやいやいやいやうそでしょ!Σ(Д゚;/)/

とつっこみたかったのをグッとこらえ、様子を見守ります。

今すぐ使えるテレクラマル秘テクを紹介!そこでうまいなぁと思ったのが、「オレもスキーを長年やっている」ではなく、「去年から始めた」と言ったことです。

上級者だと思われてしまったら、仮に一緒にスキーに行った時にそれがバレてしまいますよね。
それが初心者だと言うことで、一緒に行って教えてとかそういう流れに持っていくことに成功していたんです。

気になる女の子と趣味の話題を合わせるというのは、けっこう大事なポイントです。
ただ、僕は昔それで失敗したことがありました。

テレクラで洋楽が好きだという女の子がいたので、話を合わせようと思って
「僕もよく聞くよ!」と答えてしまったんです。

正直洋楽なんて全く聞いたことがありませんでした。
で、当然そのあとには「どの歌手がすき?」なんて話になるわけです。

そこでしどろもどろになってしまい、嘘であることがバレてしまいました…。
気まずい雰囲気になったのでその子との出会いは失敗に終わったわけですが、
あの時に「最近洋楽に興味があるんだ。おすすめを教えてほしい」
と言うことができれば、いい方向に話が向かったかもしれません^^

自分が全く知らない、興味がない趣味を言われてしまった時は、
自分は詳しくないけれど興味があるということをアピールしましょう。

ネットで知って気になっていた
友人が同じ趣味なので話を聞いたことがある
昔ほんの少しだけかじっていた

などなど。詳しくないけれど…ということを前提とした言い回しはいろいろあります。

共通点は別に趣味じゃなくてもいいんです。
住んでいる地域やイニシャル、血液型、家族構成、部活、部屋の間取りなど。
共通点をたくさん見つけることができると、それだけ早く仲良くなることが
できます。

だから多趣味の人ってモテるんでしょうね。

相手のいいところを褒める


褒められて嫌な気分になってしまう人はいません。
照れてそっけなくなる人はいますが、内心では喜んでいます。

友人Aは、女の子が言ったことに対して、うまく長所を褒めているなぁと感じました。
欠点を指摘されると、イラッとするのは誰でも同じです。

欠点に対して、それは仕方ないよとか、これから直していこうと言うのも
おすすめしません。

欠点はスルーするのが正解!全く触れなければいいんです。
例え愚痴を言われたとしても、愚痴の中から相手の長所をうまく見つけて
そこだけをピックアップして褒めれば好感度はアップします。

なんでも、女性は男性よりも批判に敏感なんだとか。
ほんのちょっと否定しただけで「この人は私のことをわかってくれない人だ」
とか、「話が合わない」と思われてしまうかもしれません。

欠点だらけの人は長所を見つけるのが至難の業ですが
がんばってみてください^^


タグ


2014年3月11日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:テレクラの上手な使い方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

イメージ画像